大人になってからのレーシック治療 ○1

レーシック治療は視力を矯正する治療方法です。今までの視力の矯正方法ですと、メガネをかけたり、コンタクトレンズをつけての方法でした。それらの視力矯正方法は目の外側に医療器具を装着していましたが、レーシック治療は目の内側、つまり、角膜の治療による視力矯正なのです。角膜の表面を薄く削り取り、角膜のレンズ面をレーザー光を照射して削ることで、曲率を変えて視力を矯正するのです。近年になり人気のある治療です。最初はレーシック治療は人気ありませんでした。目にレーザーを照射することへの失明への不安感からでした。しかし、実際は失明した施術はなく、非常に安全な治療方法なのです。最近ではサッカーの日本代表選手もレーシックで視力が回復したことが話題になったほどです。安全なレーシック治療ですが、実際は大人になってからでしか行えません。それは子供の時においては近視は進行するのです。

野球用品

オーダーグローブ

草野球